中国古典のお話

2017年10月27日

占い名人の不思議な話☆

幸福後衛魔導師(ハピネスキャスター)の瑞姫です☆ 

 

先日発売された「機略・策謀の三國志 著・坂口和澄 徳間文庫カレッジ」の「妖異・占卜篇」を読んで、面白いエピソードを見つけました星

 

周宣」という夢占いの名人に、曹丕がわざと嘘の夢の話をして占わせた時のこと。

ネタバレをした曹丕に、周宣はこう言いました。

夢というのは意(こころ)の表れに他なりません。意が言葉に表れた以上、それだけで吉凶を占えるのです

言い終える前に、占った内容が的中します。

 

また、ある人が周宣を試そうとして、夢の話だと嘘をついて占わせること、計三回。

夢の内容は同じでしたが、占った結果は全部違うものとなり、全て的中しました。

その人が不思議に思い、周宣にネタバレして「なぜ当たったのか?」と尋ねたところ、

周宣はこう答えました。

これは神霊が君にそう言わせたのです。だから本当に夢を見たのと同じことなのです

 

嘘をついたつもりでも、無意識に予感していたことが言葉になって表れただけだった、という話。

ふしぎですね~ステッキ

 

 

今日は「ウラナッテ」に夕方ちょっとだけ待機しますキラキラ1

 →終了します。ありがとうございましたハート

 ⇒10/28()~10/30(月)、「ウラナッテ」をお休みします寝る

 ⇒「ウラナッテ」でチャット鑑定を始めました☆

 

☆今月の予定はコチラです ⇒今月の予定(詳細)

10月28日()14:00~20:00万葉の湯 3F占いブースに出ます♪

11月19日()13:00~20:00波葉の湯 2F占いブースに出ます♪

゚・*:.。.幸運後衛魔導士☆瑞姫のレッスン&セッション.。.:*・゜

クローバーハワイの叡智と魂でつながる♪
  瑞姫式ハッピー☆「マナカード」レッスン 全2回 18000縁×2回 ⇒《詳細

クローバー人生の地図グランドタブローを読み解く♪
  ルノルマンカード占い個人レッスン 全6回 40200縁 ⇒《詳細

クローバー幸運後衛魔導士☆瑞姫のセッション♪
  ハピネス☆カードリーディング 30分5000縁~ ⇒《詳細

 

星アメンバーにご申請いただき、ありがとうございますきらハート

 私とお会いした方のみ、承認させていただいています。

 「○○のときの△△です~」と、一言でOKなので、メッセージもあわせてお送りくださいくふふハート


六本松サロン&出張鑑定&出張レッスン&イベント出店OK
お問い合わせ・お申し込みは メールフォーム 
または、info♪makia-happy.com (♪を@に変えてください)まで☆

・*:.。. More Happiness♪.。.:*・゜



makia_mizuki at 17:25|PermalinkComments(0)

2016年09月22日

運命を知った後が大事☆

幸福後衛魔導士(ハピネスキャスター)の瑞姫です☆

自分が死ぬまでの運命を知ったら、それを受け入れて淡々と生きますか?

それとも、運命を自分の手で変えますか?

 

むかしむかし、中国に袁了凡(えん りょうぼん)という青年がいました。

彼は十五歳のとき、易&命理(四柱推命)を体得した占い師と出会い、いつの試験に何番目に合格してどう出世していくか、子どもはできず、五十代後半で死ぬというように、自分の運命について知らされました。

 

その後、袁了凡は、占いが百発百中するのに驚き、

「あー、人生って何もかも最初から決まっているんだなぁ…」

と、何も求めなくなってしまいました。

 

ある時、袁了凡は偉いお坊さんに会いました。

彼の淡々とした態度に驚いたお坊さんは、「どんな修行をなさったのですか」と尋ねました。

袁了凡がそれまでの経緯を話すと、お坊さんは「なんだ、つまらん」と大笑い。

袁了凡が「どういうことですか」と尋ねると、お坊さんは、真剣に、運命は行いによって変えられることを話したのです…。

 

この話は、袁了凡(えん りょうぼん)本人が子孫に向けて書いた、「陰隲録(いんしつろく)」という本に載っている実話です。

日本語訳された本も、昔からあります。

ネットでは、袁了凡がお坊さんから聞いた話や、本の巻末の善悪の点数表を訳して公開されている方がいます。

 

袁了凡がお坊さんに聞いた話は、すごく深くて良いので、上のリンク先か「陰隲録(いんしつろく)」をご覧ください(*^^*)

 

袁了凡が運命を乗り越えるためにしたことを、簡単にまとめます。

 

  まず、自分の運命を知る

  ⇒自分のどこを改めたらいいのか、自分がどうしたいのか、よく考える(「立命」)

  ⇒行動を改めながら、徳を積む

 (袁了凡は「3000の善を行う」と決め、自分の行った善悪すべてを書き留めて、良いこと1つで+1、悪事1つで-1と計算し、合計+3000以上、人生の総合計ではさらにその数倍の善を行いました)

 

この方法で、袁了凡は、運命を乗り越えることができました☆

彼がお坊さんの話を聞いて「運命を変える」と決心してから、占いがまったく当たらなくなりました。

子どもがたくさんできて、六十すぎても元気に暮らしたそうです。

 

占い師にできるのは、現時点の運命の兆しを読むこと&「立命」のお手伝いです☆

特に「立命」のお手伝いの方が大事です(*^^*)

たとえば、悪い結果が出たとき、「どうすれば良くなるか? どうしたら回避できるか?」を導き出すこと。ご本人の参考になるアドバイスをすること、です。

あとは、ご本人次第です。

ぜひ、占いをうまく使って、よりハッピーな人生にしてくださいね

参考文献

 「陰隲録」 石川梅次郎・著 明徳出版社

 「東洋庶民道徳―「陰隲録」の研究」 西澤嘉朗・著 明徳出版社

 「立命の書「陰隲録」を読む」 安岡正篤・著 致知出版社

 「易と人生哲学」 安岡正篤・著 致知出版社

 

書いているうちに日付が変わっちゃいましたが、本日9/22(木)万葉の湯 博多館3F占いブースに出ます☆

万葉の湯にお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいヽ(*^^*)ノ



☆今月の予定はコチラです ⇒今月の予定(詳細)
9月22日()&9月24日()&10月2日()14:00~20:00万葉の湯(3F)に出ます♪
10月12日(水)ソラカラ アクア ミネラーレのハロウィンイベントに出展予定です。詳細が分かり次第、お知らせします♪
10月15日()野間パセオのイベントに出展予定です。詳細が分かり次第、お知らせします♪
10月22日()カワムラ家具福重店のイベントに出展予定です。詳細が分かり次第、お知らせします♪
10月28日(金)コマーシャルモール博多のイベントに出展予定です。詳細が分かり次第、お知らせします♪
11月12日()・13日()西部ガス(TERASO)のイベントに出展予定です。詳細が分かり次第、お知らせします♪

゚・*:.。.幸運後衛魔導士☆瑞姫のレッスン&セッション.。.:*・゜

♪ハワイの叡智と魂でつながる♪
  瑞姫式ハッピー☆「マナカード」レッスン 全2回 18000縁×2回 ⇒《詳細

♪人生の地図グランドタブローを読み解く♪
  ルノルマンカード占い個人レッスン 全6回 40200縁 ⇒《詳細

♪幸運後衛魔導士☆瑞姫のセッション♪
  ハピネス☆カードリーディング 30分5000縁~ ⇒《詳細


出張鑑定&出張レッスン&イベント出店OK
お問い合わせ・お申し込みは メールフォーム 
または、info♪makia-happy.com (♪を@に変えてください)まで☆

・*:.。. More Happiness♪.。.:*・゜

 

 




makia_mizuki at 00:26|PermalinkComments(0)

2014年08月21日

つらく苦しいときこそ、読むべき本❤

ハピネスキャスター(幸福後衛魔導士)の瑞姫です☆

八方塞がりになったようで、
ただジッとしているしかできることが無い…


そんな苦境、逆境真っただ中に読む、オススメの中国古典が一冊あります。

呻吟語です。

26ea02d4.jpg


呻吟は、病気に苦しむ声である。
呻吟語は、病気に苦しみながら発する沈痛なうめき声である」
(訳:守屋洋)

写真は、1987年から日本で出版されている本です。
執筆されたのは、中国のの時代です。
この本を読むと、物事への見方や対応人の見抜き方が、分かるようになります☆

昔、私がどうしようもなく辛かったときに読みました。

友達にも、プレゼントしました。
会社でお局さまや重役にいじめられて、とても辛そうで、見ていられなかったんです…。
すると。
それまで毎日3~6時間たっぷりと愚痴を聞いていたのが、
本を渡した翌日からピタッと止まって、
友達の状況もどんどん良くなっていきました。

(友達がこの本を読んで考えて人を見る力や物事への対応力を身につけたから、すぐに良い効果が現れたんです♪)

著者の呂 新吾は、中国のの時代の政治家です。

あまり賢くない子供時代、本を読むことさえできなかったのですが、
心で読む
ということを意識してから、するすると勉強ができるようになったそうです。
役人になると、悪い豪族を抑えて、厳しい政治をするなど、治安の難しい地方をうまく治めました。
当時、明という国は、映画「ラストエンペラー」(愛新覚羅溥儀)で有名な、王朝をつくる愛新覚羅一族が国境で盛んに活動中で、政治が乱れていました。
みんな、不安と混乱の中にいたんですね。
呂 新吾は、この状況をなんとかしたいと思って、自分の意見をまとめて提出したのですが、人から中傷されるだけで、何の効果もありませんでした。
これをきっかけに隠居したそうです。

さて、「呻吟語」は、その隠居中に完成したものです。

社会は混乱していて、
周りの人々は不安でいっぱい、
意見を述べても誰も聞いてくれない、聞く余裕もない…。


そんなときだからこそ、
できること、やるべきことがある――と、導いてくれます。

雌伏、なんて言葉もありますね。
近い未来、大きく羽ばたき、大活躍するために、必要な期間…。
試練、という方もいます。

そのつらいときに読んでいると、
人としての洞察が深くなり、
その後の活躍が素晴らしいものになる、という効果のある本です。

守屋洋さんが翻訳されているものが、読みやすいと思います。
中でも、徳間書店から出版されている箱入りの呻吟語は、シンプルにまとまっているので、超オススメです☆
大きい書店の中国古典中国哲学(東洋哲学)コーナーに置いてあって、売れてもすぐに補充されます。

この翻訳を参考に、自分でも訳に挑戦された方がいて、
「呻吟語」の内容や雰囲気は、《このサイト》で何となくつかめます。
本にすると、1ページにひとつ分、ですね。

知っている人が少ないし、
知っていても、なかなか人に勧める機会のない

隠れた名著です。

いじめにあっている生徒から、苦境に立たされている経営者まで
本当に役に立つと思います。
つらいときこそ、ぜひ手に取ってみてください☆ミ


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

カフェ・出張鑑定カードリーディングをしています☆
8/30白金のカフェ オチコチにいます❤
最新情報はコチラです♪
約50個タロットカード・オラクルカードの中から、
あなたに最善のカードが選ばれます☆

More Happiness♪




makia_mizuki at 11:52|PermalinkComments(1)

2014年07月03日

吉兆が禍(わざわい)に変わるとき

戦国策」という中国の権謀術数をまとめた本があります。
これを使いこなすには、まず道徳や信義など人としての素養を身につけるのが基本で、そこから兵法などを学び、この本を読み進めるのがベストでしょう。
収録されているエピソードがどれも面白いので、昔から読み物として人気ですが、兵法や心理学の実践がまとめられているため、使い方によっては大変危険な本でもあります。
しかし、見る人が見たら、「そんなの当たり前じゃん」ということしか、記されていません。

今回は、「吉兆が禍(わざわい)に変わるとき」として、この話をご紹介☆

古代中国では、不思議なことが起きると、王様たちが占い師や巫女を呼んで、吉凶を占わせていました
ある時、
という小さな国で、お城の城壁に雀が巣を作り、ハヤブサのような大きな鳥が生まれました。
宋の王様は、占い師を呼んで、このことについて占わせました。
小さな鳥が大きな鳥を生む、つまり、この小さな宋という国が大国になるということです
宋の王様は喜んで、近隣諸国を攻めました
次々と領土を広げては、
負けた国々の王家の墓などを破壊し、
天下はわしのものじゃ!
と、自慢しました。
見かねた側近たちが、
宋王いさめても聞きません。それどころか、逆に罵倒される始末
この話が
という国に伝わりました。
さっそく、
宋国に討伐軍を送りこむと、宋の国の人々は、方々に逃げて、城を守ろうともしませんでした。

吉祥のめでたい徴候が現れたとしても、良くない行いをすれば、瑞祥はかえって禍となる
 ⇒「祥(しょう)を見て不可(ふか)をなさば、祥(しょう)かえって禍(わざわい)となる
 参照「戦国策伝」 著・山口謠司 株式会社ラピュータ

国が大きくなるという、めでたい兆しが現れたのに、善政を行うのではなく、周囲の国に戦争をふっかけて、しかも負けた国の墓を壊す…なんて、この王様…((;゚Д゚))エエエ

タロットカードに喩えると、結果のところに正位置で出ていた「皇帝」のカードが、逆位置の「暴君」に変わってしまった状態です。

物事に良い兆しが見えたとしても、悪いことをすれば、逆に災いとなりますよ
という分かりやすい事例として、「戦国策」に収録されてしまったのでしょう。

占いで良い結果が出たときは、調子に乗って油断しないように気をつけましょうね(・・)/

おばけ




makia_mizuki at 11:07|PermalinkComments(0)

2014年06月30日

中国古典の怖い話…「病膏肓に入る」の前後談

今日で6月も最後。蒸し暑いですね~(;´Д`A ゛
こんな時には、ゾクッとする怖い話を中国古典「春秋左氏伝」からご紹介♪

病膏肓に入る」という、ことわざがあります。
病気がひどくて治療のしようが無い、趣味などに没頭して手が付けられないという意味です。
「春秋左氏伝」の、このエピソードから生まれたことわざです。

昔、王様が寝ていると、に二人の童子が現れて、
緩(かん)という名医が来るそうだ。どこに隠れよう?」
膏(こう)の上、肓(もう)の下なら大丈夫さ
と話していました。
膏肓で調べると、「膏の上は心臓の下、肓は横隔膜の上」とあります。
心臓と横隔膜の間…((;゚Д゚))ワオ
緩(かん)という医者が来ると、すぐ王様に言いました。
「このご病気は治療できません。
膏の上、肓の下に病がありますお灸を使えず、針治療しようにも針が届かず、薬さえ効きません
王様は、緩に「
名医だ」と言って褒美を与え、帰らせたのでした。

たまにクイズ番組や国語のテストに出てくるので、ご存じの方も多いでしょう。
この話だけでも怖いですが、さらにその前後談がもっと怖いです!

「病膏肓に入る」に登場する王様は、晋の景公という人です。

ある時、景公が寝ていると、
背の高い亡霊が長~~い髪を振り乱し、胸を打って踊りながら、
わしの子孫を殺すとは許せん! わしは天の神様から敵討ちする許しを得たぞ!
と言って、お城の門を壊しながら宮殿に入ってくるので、景公は必死に室内に逃げました。
それでも亡霊が追ってきて、部屋の戸を壊そうとする…
景公はそこでパッと目を覚まし、巫女を呼びつけました。
巫女は景公の見た夢を言い当てて、
今年はじめて収獲される麦は召し上がることができないでしょう
と言いました。
やがて、景公の病気は重くなり、国外まで医者を探し求めました。
という国が緩(かん)という医者を、景公の治療のために派遣してくれることになりました。

…そうです、ここから「病膏肓に入る」のエピソードが始まるのです!

さて、「病膏肓に入る」エピソードの後。
景公は、
その年はじめて収獲された新麦を食べることにしました。
穀物を管理する役人が景公に新しい麦を献上して、料理人がそれを調理する…。
景公は、この様子を
巫女に見させて、
お前の言葉はハズれたぞ!
と殺しました。
そして、いざ新しい麦を使った料理を食べようとしたとき、
突然、おなかが痛くなってきたので、景公はトイレに行きました
昔のトイレは、
くみ取り式のトイレを大きくしたようなもの…です。
景公は、そのトイレに落ちて亡くなりました

実は、景公が亡くなった原因は、コレだったのです!
膏肓に入った病気が原因じゃなかったんですね…工エエ(´д`)エエ工

さて、このトイレに落ちた景公担ぎ出す役目を務めた宦官(去勢された召使い)がいました。
すぐに
殉死させられました。
この宦官も
その日の明け方に不思議な夢を見ていました。
景公を背負って、天に昇る夢を見ていたのです…。

なんとも不思議な怖い夢です。
トバッチリを受けた人が多いのも怖いですね(>_<)



makia_mizuki at 11:46|PermalinkComments(2)