中国古典のお話

2014年06月29日

古代中国の占い

一昨日は新月でした☆
大きなデトックスが来て、昨日と一昨日はとても眠かったです( ・д⊂ヽ゛

今回は古代中国の占いのお話です♪
春秋左氏伝」に載っています☆

昔々、晋という国の王様が、驪姫という女性を妃に迎えたいと思い、甲骨占い筮竹占いの二種類の方法で吉凶を占わせました。
甲骨占いでは「凶」と出ましたが、筮竹占いでは「吉」と出ました。
王様は、結果の良かった「筮竹占いの結果に従う」と言って、驪姫を妃に迎えようとしました。
占い師は、
筮竹占いは簡略化した占いですが、甲骨占いはものごとを丁寧に扱います。ですから、甲骨占いの結果に従うべきです
と言いましたが、王様は聞き入れず、驪姫を妃にしました。
その結果、驪姫の悪巧みによって国は大混乱に陥ってしまいました。

驪姫という女性は、それだけで一冊の本になりそうなほどエピソード満載の悪女です(笑)
陳舜臣の「小説十八史略(一)」に、彼女が原因で起きた騒動が読みやすくまとまっています。
悪女好きな方にはタマラナイかも…(ΦωΦ)フフ

甲骨占いは、カメの甲羅や動物の骨を焼いたり、熱い青銅を押しつけたりしてできたヒビで占う方法です。
昔は中国だけでなく、様々な国で行われていました。

1dee00d5.jpg
 
Photo by (c)Tomo.Yun 

春秋左氏伝」には、「筮」や「甲骨」を使ったエピソードがたくさんあります。
王様や将軍や家臣がものごとを占って、その結果をどう判断したのか、理由やその結果が書かれているものが多いです。
昔の人は、甲骨で占って、補助的に筮(ぜい)を使っていたようです。
もちろん、筮(ぜい)だけで占うことも多々ありました。
今、甲骨占いは滅多に見られませんが、代わりに他にも多種多様な占いがあり、それぞれ研究されています。

ちなみに、晋という国は、だいたい、この地図の右上よりやや真ん中くらいの位置です。

21ff7ce6.jpg


同じテーマで異なる方法で占いをして、まったく違う結果になったときは、都合の良い結果だけを信じず、冷静に、両方の結果を示し合わせて、最善な方法をとりましょう☆




makia_mizuki at 03:26|PermalinkComments(2)

2013年12月29日

王が「子供の名付けかた」について質問すると…

中国古典のひとつ、「春秋左氏伝」という春秋時代の解説・説話集から、名前の名付け方をご紹介します☆


魯という国の王に子供が産まれた時のこと。

名前の名付け方をシンジュという人に尋ねると、


「名前の付け方には、信、義、象(ショウ)、仮(カ)、類の五つがあります。

 ・産まれた時の特徴で名付けるのが「

 ・徳にちなんだ名前をつけるのが「

 ・赤ちゃんと似たものを名前にするのが「

 ・万物の名前から取るのが「

 ・親と関係することから取るのが「

であります」


その後、疫病の名前をつけてはいけない、と話が続きます。

諱(いみな)に関わるものは省略します。


話を聞いた王は、子供の産まれた日が、自分の干支と同じだったので、「同」と名付けました。

五つの中の「類」ですね。


自分の名前は、どれに当てはまるでしょう?

私は「類」でした(*'ー'*)


また、この時代、晋(シン)という他の国ではこんなことがありました。

王が自分の子供の名前を、兄には「仇」、弟には「成師」とつけたところ、その国の人がこう言いました。


「名前によって義(節度)が決まり、義によって礼(行動や道徳の規準)が生まれる」

「この本が狂えば、争乱となる」

「よって、王が兄に「仇」(意味:あだ。かたき)、弟に「成師」(意味:軍事で成功。師は軍隊のこと)と名付けられたのは、争乱の兆しに思える。兄の家系は途絶えるだろう」


王が亡くなった後、兄弟はそれぞれ独立し、兄の子供や孫たちと、弟とその子供たちが、国を統一しようと争いました。

国を統一したのは、弟の孫。兄の家系は滅びたのでした。


名前が人格や物事の始まり…。

昔の人は、このように考えて、子供に名前をつけていたんですね。


 一部引用・参考文献:岩波文庫「春秋左氏伝 上」 小倉芳彦訳



゚・*:.。.1月のお知らせ..。.:*・゜


いずれも、場所は、薬院駅から徒歩5分、白金のcafe oticoti」 (カフェ オチコチ )(地図 ) さんです。


---

★1月 8日(水) 13:00~17:00 カードリーディング

★1月18日(土) 13:00~17:00 カードリーディング

 ※リーディングの前後にカフェのご利用をお願いします。

 ※ご飲食代はリーディングとは別にお支払いください。


♪メニューと内容♪

  ○オラクルカードリーディング(20分)…3000円

  ○タロットカードリーディング(20分)…3000円

    ※10分延長するたびに1000円の追加料金が発生します。

    ※お友達紹介で紹介者もお友達も500円引き☆ (フナの法則のALOHA☆)

    ※ご予約優先です。


 マナ・カードメニュー(1件最大20分)

  ○現在・過去・未来(3枚引き)…1000円
  ○課題解決(7枚引き)…2000円
  ○夢実現(7枚引き)…2000円
  ○相性(3枚引き)…2000円
  ○二者択一(※2)…2000円

    ※お友達紹介で紹介者もお友達も500円引き☆ (フナの法則のALOHA☆)

    ※ご予約優先です。

    ※相談内容によっては、タロットやオラクルカードを併用します。

    ※2 マナ・カードを引く枚数は相談内容に応じます。タロットも併用します。


♪おまけ♪

 ○もっともパワーの強いカードをペンジュラム(ダウンジング)でお知らせします。
 ○オラクルカード1枚引き…マナカードリーディングを受けられた方は全員無料☆

 ○ご希望の方には、「チャクラ・リーディング」をします☆


---


★1月14日(火) 14:00~15:00 中国古典哲学入門


論語、孟子、荀子、韓非子、孫子、荘子、老子など、諸子百家や古い中国哲学の簡単な内容紹介をします。


古い本だから難しいことが書いてあるように思えますが、実は、とってもわかりやすく簡潔な言葉で、奥深い真実を述べているのです。


難しい状況でも柔軟に対応する知恵

行き詰まったときの乗り越え方

人として大切な道徳の基本

組織の管理・運営方法

あらゆる場面で役立つ戦い方

奥深い人間の心理、

などなどたくさんのヒントと経験がいっぱいです。


コーヒーやソーダを飲みながら、あるいは、クッキーやケーキを食べながら、中国古典の入り口に立ってみませんか?

学術的なことが目的では無いので、正確な中国語や学校の漢文や細かい歴史の話などはしません。


  定員:5名(予約制。定員になり次第、受付締め切り)

  参加費:1500円(飲食代込み・当日払い)

※お申し込みは、お名前連絡先、「中国古典哲学入門希望」とご明記の上、コチラ からお願いします。


---




makia_mizuki at 16:04|PermalinkComments(0)