2015年08月15日23:00悲観的なタイプは、感受性豊かなタイプだった
ハピネスキャスター(幸福後衛魔導士)の瑞姫です☆

昔から、占いでも、成功哲学でも、楽観的になると状況が改善したり、運が向いてきたりするとよく聞きます。

その一方、
 「でも、今の自分はそんな状況じゃない…」
 「つい悲観的に考えてしまう自分には難しい…」

と、楽観的になれず、ますます悩んでしまう方も多いです。

今日、ネットニュースを見ていると、こんな記事がありました。
悲観的な脳でも、楽観的な脳に変えられる-東洋経済オンライン
遺伝子的に悲観的なものに反応しやすい人は、楽観的になれるのか? というテーマの記事です。
要点だけ抜き出すと、

 ★「遺伝子的に悲観的なものに反応しやすい」は間違いだった。
  ⇒正しくは「外部の影響を受けやすい」タイプだった。

実は、困難な状況に凹んでしまいやすい分、良い刺激を受ければ最大限に得をするタイプ、だったんですね。
従って、

 ★ポジティヴな画像(写真)を多く見ることで、楽観的なタイプになれる。

継続的に続けることで、効果は持続するそうです。
さらに、その性質を日常生活に生かすと、

 ★失敗が怖くても、実際に計画を立てて冷静に考えることで、恐怖を鎮められる

これは学校でも会社でも家庭でも、どこでも生かせる強みです。
つまり、こういう(↓)仕組みですね。

悲観的なタイプ
 ⇒実は、周囲の影響を受けやすいだけ
  ⇒
楽しい写真や絵、動画などを見続けると、次第に楽観的になっていく
   ⇒多少の困難も、
計画立てて冷静に分析することで、乗り越える力を得ていく


ニュース記事では、パーキンソン病という難病にかかった、「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の主役マイケル・J・フォックスという俳優の例を挙げています。

周囲の影響を受けやすいのは、感受性が鋭くて、感性が豊かで、繊細だから…。
まるで、水面のようですね(´∀`*)
どんどん良いものを受けて、素敵な人生に変えていきましょう☆


8/22()『Girls Beauty Festival FUKUOKA』に出ます♪⇒詳細
8/29()、30()、天神ショッパーズダイエー5Fのスピリチュアルフェアに出ます☆

幸運後衛魔導士☆瑞姫のレッスン&セッション

♪ハワイの叡智と魂でつながる♪
  瑞姫式ハッピー☆「マナカード」レッスン⇒《コチラ

♪幸運後衛魔導士のセッション♪
  ハピネス☆カードリーディング⇒コチラ

※カフェリーディングは、しばらくお休みします。

赤坂のサロン&カフェ&出張OK
・*:.。.
お問い合わせ・お申し込みコチラです..。.:*・゜
More Happiness♪



コメントする

名前
 
  絵文字